脇の黒ずみには保湿クリームでお手入れ!

脇の黒ずみには保湿クリームでお手入れ!

季節的に寒くなると、お手入れを怠りがちになりますよね。
厚着の季節だから、ワキの黒ずみを毎日気にしなくて済むと思っていませんか?
そんな風に、少しケアを怠ってしまいがちです。

 

実は、長袖の季節こそ、脇のお手入れのために、最高の季節なのです。

 

そもそも脇は日光にも当たらないのに、どうして黒ずんでしまうのでしょうか?
それは次のような原因が考えられます。

 

  • 服の摩擦
  • カミソリや毛抜きの過剰な刺激
  • 制汗スプレー
  • 汗や汚れのつまり

 

このような原因で、日光にあたらなくてもメラニンが増殖、脇はどんどん黒ずんでしまいます。
では、どのようなお手入れをしたらよいのでしょう。

 

「低刺激・清潔・潤い」

 

刺激を減らしましょう

脇のムダ毛処理の刺激が、雑菌とメラニンを増やします。
自己処理の場合は、化粧水やクリームを使い、極力刺激を減らしましょう。
長袖になるこの季節に、医療機関やエステで脱毛相談するのもオススメです。

 

清潔

入浴・シャワーのとき、脇を意識して丁寧に洗いましょう。
週に1度程度、重曹をボディーソープに混ぜるのもオススメです。
適度な刺激は、古い角質のお手入れになります。

 

潤い

ズバリ!保湿です。
お顔のお手入れには美容液やクリームでお手入れしまう。
でも、脇の保湿は忘れがちです。
顔用美白クリームを使って、しっかり潤い補給します。

 

最近では、脇専用クリームも発売されています。
雑菌を抑えるビタミンEが配合や、ヒアルロン酸などの保湿成分配合のクリームなど、種類も豊富です。
自分にあったクリームを使用することをオススメします。

 

 

細胞の生まれ変わり“ターンオーバー”は28日周期
脇の黒ずみ解消には、2〜3ヶ月くらいは期間が必要です。
ですから!
こ寒い季節は、お手入れの絶好のチャンスなのです。

 

夏のシーズン、薄着のファッションが思う存分楽しめるようにしましょう。
いざと言うとき、「しまった!」とならないようにしたいものです。
寒い季節は、女子力をあげる準備ですよ。